太った痩せたへの興味

はじめましての初投稿です。

でも前置きとかなしにいきなりやっちゃう。

 

栄養のお仕事をしていく中で、ダイエットへの関心の高さをすごく感じるのですが、

それが自分だけでなく、他人が太った、痩せた、ということへの興味もすごくて。

太っても、痩せても、どっちにしても叩かれるように思います。

最近、ネット上に、ある有名人が「太った」とか「劣化した」とかいう声を沢山見かけます。

「毎朝ヨガをしてるのに痩せてない」とかね。

 

別によくない?

 

って思います。笑

痩せるのが目的ではなくて、今日一日、集中して仕事をするためのルーティンかもしれないですし。

楽しいからやってるのかもしれないですし。

分からないですけど。

 

それにしても、言い方。

「劣化」てひどめ。

「商品」として生きる人への「消費者」の物言いなのでしょうか。

デビューして20年も経てば誰だって老化しますし、体型だって変わると思うんです。

いや、むしろそうでいてもらわないと困る。笑

同い年なのにぶっちぎりでおいて行かれるこの切なさときたら。

 

これも人それぞれの感覚でしょうけど、ある程度年齢を重ねたら、ギスギスに痩せているより、ちょっと柔らかな感じの方がいいなあと、私は思います。

幸せそうに見えるというかなんというか。

 

ああ、幸せになりたい。

 

 

アーティストさんは、自分が表現したいかたち以外に、ファンや、ファンじゃない人から求められる理想像がありますから大変ですよね。

でも、一番大切なのは、本人が身も心も一番安定した状態でパフォーマンスを行えているかどうかだと思います。

例えば、歌やダンスが仕事だったら、思うように声を出せて、思うように踊れてとか。

ものをつくる仕事だったら、創作のために頭が働くかどうかとか。

格闘家だったら、計量をクリアできても、試合で動けなかったら意味がないですし。

それぞれの環境の中で、自分の力が発揮できる状況にあるかどうかが重要なんじゃないかなと思います。

見た目や数字だけにとらわれるのではなくてね。

 

でも、もし、イマイチ調子が悪いなと感じることがあれば、その時は真っ先に食を見直してみるといいかもしれません。

食べ過ぎているものはないか、足りていないものはないか、振り返ってみることです。

食が整うと、身体が整って、気持ちも整うので。

もし、もし、自分じゃ分かんないよ~という場合は、是非わたくしめにご相談を。

職業や、目的に合わせて、食のアドバイスをさせていただくのがお仕事です(宣伝)。

 

今後ともよろしくお願いいたします。




アスリートの睡眠にいち早く注目した
SWITCH OFF

ハードにトレーニングした日は疲れているのに冴えて休めない。そんなアスリートの声から生まれた休息のためのレシピ。スポーツ、パフォーマンス、ビジネス等、ハードな日々を送る方へ。