逆境ファイター

私がスポーツと関わる仕事をしたいと思うようになったのは、

アスリートから、勇気や感動をもらうことが多かったからです。

自分は主役になる事はできないけれど、その世界に関わってみたかったんです。

 

スポーツは、テレビでも観戦するし、会場に行くこともあります。

中でもフィギュアスケートと格闘技は会場で応援することが多いです。

 

格闘技を観るようになったきっかけは、所英男選手でした。

一度負けたら終わりという選手もいる中で、勝っても、負けても、多くの人の心を惹きつける試合をする格闘家。

それが所選手です。

 

7月30日の格闘技イベントRIZINで、所選手は堀口恭司選手と試合をしました。

堀口選手は所選手より一回り以上も年下で、世界トップレベルの選手。

格闘技に詳しい人ならば誰もが「やらなくていい」と思ったこのオファーを受け、

勝率0%を1%にしようとあらゆる努力をしてリングに立つ姿は

まさに、「逆境ファイター」を体現してくれた試合だったと思います。

 

結果は堀口選手の圧勝だったけれど、

同世代として、本当に胸を打つ試合でした。

 

無理だと思うことを真剣にやる、誰もやりたがらないことにひたむきに向き合う。

逆境があるからこそ、たたかう意味があるのだということを教えられた気がします。

 




アスリートの睡眠にいち早く注目した
SWITCH OFF

ハードにトレーニングした日は疲れているのに冴えて休めない。そんなアスリートの声から生まれた休息のためのレシピ。スポーツ、パフォーマンス、ビジネス等、ハードな日々を送る方へ。