アンチ・ドーピングは誰のため?

もはやアスリートにとってサプリメントは不可欠という時代になりました。もちろん、摂っていないという人もいるでしょうが、スポーツの現場、特にトップレベルでたたかう現場においては「バランスよく食べましょう」という言葉以上の知識を身に付けたかどうかで差が出ると思います。

アスリートは、次のトレーニングや試合までにいかに回復できているかが重要で、普通の食事以外にサプリメントのようなもので補わないと、回復が追い付かないことも。消化の負担なども考えた場合、サプリメントをうまく取り入れることが必要になります。

ここで誤解して欲しくないのは、サプリメントを飲むだけでタイムが縮まったり、筋肉が付いたりするわけではなく、しかるべきタイミングで身体に必要な栄養を入れることが、スタミナの維持や、疲労回復につながり、結果的にパフォーマンスがアップするということ。パフォーマンスをアップさせるというより、実力を発揮できる状態にもっていく、と言う方が良いかもしれません。

サプリメントを摂取する際に気になるのが、ドーピングの問題です。

弊社も国際試合をするアスリートの方に商品を使っていただくことが多く、必ず「ドーピング大丈夫?」と聞かれます。WADA(世界アンチドーピング機構)が指定する禁止物質が含まれていないかどうかが問題なのですが、通常日本国内で製造されるサプリメントに含まれることはありません。加えて弊社では、原料選びや、原料メーカー選び、生産工場のチェックも徹底しています。

しかし先日、梅肉エキスを含む国産の健康食品から禁止物質が検出された例もあり、一概に「国産は大丈夫だ」とも言い切れなくなりました。

梅肉エキスのメーカーさんは、日本自転車競技連盟(JCF)の公式スポンサーであったことから、(梅しか使っていないし当然大丈夫だろうけど)アスリートも使用するものだから念のため検査に出してみようと考え、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)に検査をしたいと申し出たところ、断られ、直接分析会社へ依頼するも断られ、イギリスのLGC社になんとか無理なお願いして、分析を行うことができた。

結果、梅肉エキス使用量が濃いもの2品に、検出限界ギリギリ、陰性とはいえ、禁止薬物の成分にあたるものが入っているという結果が出た。摂取しても問題ない量だったとはいえ、メーカーさんはアスリートを想うからこそ、これを公表し、念のため使わないでくださいと呼びかけました。

で、ですよ。ここで一番問題なのは、日本でドーピングに違反する物質が含まれているかどうか検査できる第三者機関がないってこと!

実は私も、このメーカーさんと同様、分析機関へ依頼するところまで同じ道を辿りました。でも、分析すらしてもらえない。分析してもらえるのはJADAに加入する企業のみ。加入には多額のスポンサー料が発生するということが分かったんです。

それでも、スポーツ栄養学を学ぶ現場では「JADA認証の製品を使おう」と習います。栄養士さんはそんな事情は関係なく、もちろん悪気もなく、「JADA認証製品にしましょう」と言います。「摂らない方が良い」という人もいます。当然です。触らなければヤケドしないんですから。

だけど、学校で習う以上に“サプリメント栄養学”は進化していて、使わない手はないのに!というジレンマ。アスリートのために製品を作っている側としては、反論したい気持ちでしたが、所詮弱小企業ですから…と諦めていました。

昨年、JADAに加盟していた4社のうちの1社、ドームさんが抜けました。脱退した主な理由はJADAの閉鎖的な運営方法。私にとっては嬉しいニュースでした。これがきっかけとなり、日本でもLGC社のアンチ・ドーピング認証を受けられるようになり、認証を受ける企業が少しずつ出てきました。

弊社の「スイッチオン」に配合しているイミダゾールジペプチドの提供元である日本ハムさんも、ドームさんに続いて認証を受けました。

もちろん、JADA認証商品が安全であることは間違いありませんが、スポーツ栄養学を習う現場で「JADA認証の製品を使おう」という定型文が、教科書から消える日も近いですね。

 




アスリートの睡眠にいち早く注目した
SWITCH OFF

ハードにトレーニングした日は疲れているのに冴えて休めない。そんなアスリートの声から生まれた休息のためのレシピ。スポーツ、パフォーマンス、ビジネス等、ハードな日々を送る方へ。