ヘルシースナッキングのススメ

ヘルシースナッキングとは?

「スナッキング」とは「間食」のことを指します。つまり、ヘルシースナッキングとは、「健康的な間食」という意味です。間食は太る、というイメージがありますが、適度に間食をとることで、ダイエットをはじめ、様々な健康効果が期待できます。

最近は、間食も含めた食事の回数が多いほど1日の総摂取カロリーが抑えられるという研究結果もあり、「食べながら痩せられる」と話題になっています。

ヘルシースナッキングは、ミランダ・カーなど、海外のセレブやモデルが流行させたと言われていますが、栄養学においては元々存在した理論で、ダイエット指導の現場や、減量が必要なアスリートにもすすめられていました。

 

ヘルシースナッキングがダイエットにいいわけ

ヘルシースナッキングがダイエットにつながる理由は大きく分けて2つ。

1)ストレス防止

食べることを我慢するのは精神的に辛いもの。我慢をやめたとたんにリバウンドするのはよくあること。食べるか食べないかの選択ではなく、何を食べるかが大切です。食べても太りにくいおやつを選べばストレスから解放されます。

2)空腹によるドカ食い防止と血糖値の安定

空腹状態でスーパーに行くとあれもこれも食べたくなって、沢山買ってしまったという経験はありませんか?極度の空腹状態の時は、甘いものやこってりしたものが食べたくなる傾向にあって、それらを一気食いしてしまいカロリー過多になりがち。しかし、お腹が空き過ぎる前に間食をすることで、食べ過ぎを防ぎ、カロリーオーバーも防ぐことができます。

・血糖値の安定

食事をすると血糖値が上昇します。すると、血糖値を下げようと、インスリンというホルモンが分泌され、血糖値は食事前の値まで下がっていきます。

 

空腹状態が長く続き、ドカ食いや血糖値を上げやすい甘いものを食べると、血糖値が急激に上昇します。血糖値を下げてくれるインスリンですが、沢山分泌されると、身体に脂肪をためこみやすい状態になるので、ダイエットには、血糖値の急上昇が起こらないようするのがひとつのテクニックになります。

このように、適切に間食をとることで、血糖値が安定し、脂肪もつきにくくなる、というわけです。

血糖値の急上昇・急降下は、集中力の低下にもつながりますので、そろそろコバラが減ってきたな~という時は思い切っておやつタイムにするのがオススメ。

 

おやつの選び方

いくら間食が身体にいいからと言って、何でも食べていい、というわけではありません。ポイントは3つ。

1)お砂糖を控える

お砂糖は血糖値を急激に上げてしまうので、なるべく砂糖が入っていないものを。

 

2)たんぱく質や食物繊維が豊富なものを選ぶ

たんぱく質や食物繊維が含まれる食べ物は、血糖値を上げにくく、腹持ちがバツグン。

手軽に食べられるものとしておススメなのは、ナッツ、ヨーグルト、無糖のドライフルーツ、するめ、干し芋などです。

え、これっておやつじゃなくね?

とよく言われますが、

 

その考え、捨てて。

 

何かを変えなければ、身体も変わりません。そもそも、「おやつ=甘いもの」というイメージを変えていただく、それが

 

HEALTHY SNACKING!!!

 

慣れてきたら、おやつ売り場からもっと遠ざかって、スモークチキンとか、枝豆、サラダなんかをおやつとして食べるのもいいです。

え、それってもはやごはんじゃない?

とよく言われますが

 

むしろそういうことだから。

 

どうしても甘いものがいい!という時は、カカオが高配合のチョコがオススメです。

 

3)おやつの量は200キロカロリーを目安に

おやつは200キロカロリー以内を目安にします。間食した分、次の食事で自然と食べる量が減る予定ですが、その感覚が分からない場合、次の食事を2割~3割くらい減らすイメージにすると、総摂取カロリーをコントロールできます。

最近コンビニなどで、ヘルシースナッキングを意識して、200キロカロリー以内のおやつが沢山出ていますので、そういうものを利用するのも手です。

ナッツなど、沢山入っているものは、袋から直で食べるのではなく、あらかじめ小分けにして持ち歩く「小弁当」スタイルをオススメします。

 

 

 

ゆるくやるのがコツ

毎日必ず間食をした方が痩せるということではなく、今日は夕食が遅くなりそうだなとか、お昼を食べたのになんだかお腹が空いちゃったなとか、そういう時には迷わず間食する。ただし「ヘルシー」なものを。そのくらいゆるく実践するのが良いです。

間食のタイミングですが、目安としては前回の食事から3~4時間後をおすすめしています。でも、空腹の感じる程度は、前の食事内容や食事後の運動量などにもよるので、きっかり何時に食べた方がいいということもありません。

ヘルシースナッキングは、食いしん坊さんにこそおススメの食事法です。

(コバラ減ったけど食べたら太るしな~)と気になっていた方は、おやつの選び方を変えてみてくださいね。

 




アスリートの睡眠にいち早く注目した
SWITCH OFF

ハードにトレーニングした日は疲れているのに冴えて休めない。そんなアスリートの声から生まれた休息のためのレシピ。スポーツ、パフォーマンス、ビジネス等、ハードな日々を送る方へ。